ヘッダー

この夏の珊瑚白化について。

080430

 

この夏は、サンゴの白化がかなり深刻な状況になってます。
昨夏は相次ぐ猛烈な台風に翻弄され疲弊した八重山でしたが、
今年は台風が全く来ないという異常な状況で、
水温30℃超えがすでにもう数ヶ月続いたことにより
珊瑚があちこちで白化しはじめ、
数少なくなった美しい珊瑚の海域もまた壊滅の危機に陥ってます。

 

 

写真は8/4の名蔵湾の珊瑚たち。比較的強いと言われているハマサンゴまで白化しています。心がほんと痛いけれど、これが現状です。

080432

 

 

 この風景を見て想い出すのは2007年の大規模な珊瑚白化・・・。
この年も台風がこないまま8月を迎えてました。
危機感が募り2007年8/8にその時の状況をまとめたのがこちらのページです。
http://www.ishigaki-banana.com/…/…/diary2007_08/hakka08.html

この後、美しく輝いていた珊瑚達は白化から茶色く朽ち果て、住んでいた魚もいなくなり・・同じ場所とは思えない寂しい風景に変わってしまいました。

 

豊かな自然の生命力を見せてくれてるかのような美しい珊瑚に魚が群れる風景は、ワタシタチの心を和ませ楽しませ安心させてくれますが、ひたひたと歩み寄る 自然界の変化に翻弄され・・その命はあっけないほど簡単に失われ美しい風景も消えていきます。そして自分は何もできることがないままその変化を目の当たり にし、非力さになんともいえない辛い気持ちになるのですが、今もまさに・・・そんな状況です。

080433080502080501080506

 

 

世界的に変化してきてる気象のことは個人の力ではどうしようもない事だけど、そんなダメージを負った海に負荷を出来るだけかけないように意識することだけはできます。

 

毎日使う洗剤類や排水溝から流すものなどに気を遣ったり、排水設備を離れた下水道に繋げたり、海でアンカーを掛けるときやガイドするときに極力気をつけた り・・・・と、とにかく自分でできることは淡々とやりつづけること。こういう状況に陥ってるときに気持ちを支えてくれるのは、そんな自分の中にある『自然 界への敬意』です。

 

こんな時だからこそその敬意をしっかりと持って、
海に関わらせて頂こうと想っています。
観光で来られ、海の中の白い珊瑚を目にされた方も、今起きてる深刻な状況やその背景に想いを向け心を寄せていただければなぁと想います。

 

 

 


partition
 

コメントはまだありません

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

space